グローバルメニュー

消化器内科

  1. トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 消化器内科

外来担当表

 
午前 診察
8:30~12:00
佐藤 正昭 休 診 佐藤 正昭 佐藤 正昭 休 診
午後 診察
14:30~17:30
佐藤 正昭 休 診 佐藤 正昭 休診 休 診

消化器内科について(診療内容)

消化器内科は、内蔵の中で主に食道、胃、十二指腸、大腸や、肝臓、胆嚢、膵臓といった内蔵の疾患を診療する内科です。胸焼け、吐き気、腹痛、下痢、便秘、吐血や血便などの症状がある患者さまに対し、迅速かつ正確な診断と適切な治療を心がけています。

また、腹部エコー、腹部CT検査、腹部MRI検査や胃十二指腸・大腸内視鏡装置を用い、消化器領域の癌の早期発見に努める一方で、慢性肝炎、胆嚢結石症、慢性膵炎、胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎と言った消化器領域の良性疾患の診断と治療を行っています。また、内視鏡を使って、大腸ポリープ切除術や消化管出血に対する止血術なども積極的に行っているほか、嚥下障害などで、口から食事が摂取できない患者さまに対して、内視鏡的胃瘻造設術による栄養療法の取り組みをしています。

「胃がもたれる」「腹痛がある」「便に血が混じる」などの消化器症状をお持ちの方や、検診で「肝機能障害」を指摘されたなどお心あたりの方は、お気軽に受診してください。消化器内科のスタッフが笑顔を絶やさずお待ちしています。

検査内容

胃カメラ検査:
口から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸の一部を観察します。カメラで直接胃や食道の粘膜を見ることができ、潰瘍・炎症・腫瘍・ポリープなどの発見が可能です。また、鼻から内視鏡を挿入する検査も行っておりますので、ご相談ください。

大腸カメラ検査:
肛門から内視鏡を挿入し、全大腸を観察する検査です。大腸癌・大腸ポリープ・炎症性腸疾患などがわかります。

腹部エコー(超音波)検査:
高い周波数の音波(超音波)を腹部にあて、その反射を画像として表示します。検査用のゼリーを腹部にぬり、超音波発信器(プローベ)を当てるだけで痛みはありません。エコー検査では、脂肪肝・胆のう結石や胆嚢ポリープの診断をはじめ、腹部各臓器の腫瘍の有無などがわかります。

医師プロフィール

氏名 佐藤 正昭 (さとう まさあき)
経歴 昭和61年:弘前大学医学部 卒業
平成16年:八戸平和病院
主な所属学会 日本消化器病学会
日本肝臓学会 
日本静脈経腸栄養学会
日本病態栄養学会