グローバルメニュー

各コンテンツへのメニュー

  1. トップページ
  2. 病院の紹介
  3. はつらつ健康情報誌"PEACE"

よろしくお願い致します

はじめまして。9月から当院内科に勤務している平田 有里恵(ひらた ゆりえ)と申します。
私は四国の香川県高松市で生まれ育ちました。大学から岡山県倉敷市に移り、卒業後は川崎医科大学附属病院で糖尿病、代謝・内分泌疾患を専門に診療や臨床研究等に携わってきました。

昨年4月に当院泌尿器科の夫の転勤に伴って、4歳と1歳の子供たちと共に八戸に参りました。東北地方を訪れるのは初めてで、冬の厳しい寒さや路面の凍結にはまだまだ慣れませんが、子供たちは初めて見る積雪に大はしゃぎで雪遊びを楽しんでいます。また種差海岸や奥入瀬渓流など壮大な自然の美しさに感激し、子供たちが身近に自然と触れ合える環境で過ごせることを大変嬉しく思っています。

ところで、青森県は糖尿病患者さんがとても多いと言われています。最近の統計で糖尿病死亡率が全国ワースト1位となっています。
血糖値が高いだけではあまり症状はないかもしれませんが、その状態が長期間続くことで様々な合併症が起こってきます。しかし糖尿病であっても、良好な血糖コントロールが維持できていれば、合併症は進行せず、糖尿病のない人と何ら変わらない健康寿命を全うできるのです。現在の治療が患者さんの未来を決めるという思いで日々の診療にあたっております。血糖値が高いと言われているけれどまだ受診していない、という方はぜひ一度受診してみて下さい。
また、糖尿病の治療には、食事や活動量など患者さんそれぞれのライフスタイルが大きく関わってきます。無理なくずっと続けていけるような食事・運動療法を一緒に考えていければと思っております。治療のことで気になる点や生活で何か変わったことがあれば、小さなことでも気軽にお話頂けると嬉しく思います。
地域の皆様の健康のため、お役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

【執筆者】内科 平田 有里恵