グローバルメニュー

各コンテンツへのメニュー

  1. トップページ
  2. 病院の紹介
  3. はつらつ健康情報誌"PEACE"

オリーブでのリハビリについて

皆さん、はじめまして。介護老人保健施設ナーシングホーム・オリーブで作業療法士をしております小村 優子(こむら ゆうこ)と申します。今回は、オリーブでのリハビリテーションについてご紹介します。

介護老人保健施設は、高齢者の自立・在宅復帰を目指す介護施設のひとつです。医療的ケアや介護サービスも提供しますが、一番の特徴はリハビリ専門職を配置しており、在宅復帰に向けたリハビリを提供していることです。オリーブでは「通所リハビリ」と「入所リハビリ」を提供しています。

「通所リハビリ」は、介護保険サービス内の居宅サービスのひとつに位置付けられ、「通所リハ」「デイケア」とも呼ばれます。要支援・要介護者に、食事や入浴、排泄などの介護、健康管理や指導などの看護、リハビリなどのサービスを提供します。
また、入院や外来通院などの医療保険でのリハビリを終了した方は、介護保険へ移行し、リハビリを継続して受けることができます。
オリーブに通われている利用者様は、普段は自宅で生活されているため、足元の段差や手すりの有無等の家屋状況も踏まえてプログラムを立案し個別に対応しています。さらに比較的、身体機能を保たれている方には、自主トレーニングの指導も行っています。

「入所リハビリ」は、オリーブに入所されている利用者様に対して行いますが、通所リハビリと同様に、個々の状態に応じてプログラムを立案し提供しています。基本的な身体機能の改善はもちろんですが、日々の食事や、ホールまでの移動、排泄動作などの日常生活動作をできるだけ自力で行えるよう支援しています。
また、リハビリ専門職だけではなく、医師、看護師、介護士、栄養士と協働し、利用者様がより良い生活を送れるようお手伝いさせて頂きます。

ご相談などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

【執筆者】
介護老人保健施設ナーシングホーム・オリーブ 作業療法士 小村 優子