グローバルメニュー

各コンテンツへのメニュー

  1. トップページ
  2. 病院の紹介
  3. はつらつ健康情報誌"PEACE"

今年もよろしくお願い申し上げます

明けまして、おめでとうございます。
ご承知の様に昨年は、まさにコロナ禍の一年とも言うべき年でした。3密を避ける日々の生活。気軽に外出もままならず、以前の様な経済活動も影を潜め街は冷え込みました。
健康面では、持病の御心配もさることながら新型コロナ感染への御心配も加わり、皆様は大変な一年を過ごされたことと存じます。また、病院や介護施設での感染の御心配もされている方々も多いのではと推察いたします。

私ども平和病院では、安心して患者様が通院されあるいは入院治療を受けられる様に新型コロナのみならずその他の感染症に対しても十分な対策を取って参りました。
入院患者様との面会制限をさせて頂く一方で、リモートで入院患者様とご家族様が面会できる様、タブレット端末を配備するなどの取組を始め、感染症の患者様が他の患者様と接触しないような環境整備を行って参りました。

また、当院に定期的に通院されている患者様が発熱された場合は、その患者様が迅速で適切な診療を受けられる事や、他の一般の患者様が感染されない様にと言う事を考え「発熱外来」の整備を図って来ました。発熱外来では新型コロナやインフルエンザの迅速な検査が可能です。万が一、新型コロナの診断がなされた場合は、専門医療機関をはじめ関係機関と密に連携し適切な治療に向けて迅速な対応を整えています。そのことがひいては、一般の患者様にとっても発熱の患者様にとっても、安心・安全な医療環境につながると考えています。新型コロナの猛威は暫く続きそうです。そのような中にあって、当消化器内科はこれまで同様、他の専門科の医師・スタッフと協力し、適切な医療を提供できる様取り組んで参ります。

今年は皆様にとって良い一年でありますことをお祈りして、新年の挨拶とさせていただきます。

【執筆者】
消化器内科 佐藤 正昭