グローバルメニュー

各コンテンツへのメニュー

  1. トップページ
  2. 病院の紹介
  3. はつらつ健康情報誌"PEACE"

白内障手術における眼内レンズについて

白内障は、今までカメラのレンズの役割を担ってきた水晶体が徐々に濁ってきてしまい、視力が出にくくなってきてしまうことを言います。手術をする場合、この濁った水晶体を取り除くのですが、そのままにすると多くの場合で網膜にピントが合わず、手術後、分厚い眼鏡をかけなくてはなりません。そのため、水晶体を取り除くと同時に人工のレンズを代わりに入れます。これが眼内レンズで、手術後の見え方を調節することができます。

眼内レンズには大きく分けて2種類あり、保険適応である一般的な【単焦点】眼内レンズと、保険適応外の【多焦点】眼内レンズがあります。

【単焦点】眼内レンズは、ピントを遠くか近くかのどちらかにある程度決め、ピントを合わせた距離では眼鏡を使用しなくても見えるようにするレンズです。例えば、遠くにピントを合わせると、普段は眼鏡をかけずに生活し、近くを見る時には眼鏡をかけることが必要になります。近くにピントを合わせると普段は眼鏡をかけて生活し、近くを見る時には眼鏡を外して見るという、近視の人の見え方にするレンズです。ピントの合わせる距離については手術前にお話を伺い、その方の生活に合わせた距離になるよう決めていきます。

【多焦点】眼内レンズは、1枚のレンズの中にピントが合う距離がたくさんあり、遠くも近くもある程度見えるレンズになります。単焦点眼内レンズよりピントを合わせたところでのシャープさは劣りますが、普段の生活で眼鏡の助けをかりることが少なくなります。見にくい所では眼鏡が必要になります。当院では保険適応外の多焦点眼内レンズは扱っておりませんので、ご希望の場合は他の医療機関をご紹介いたします。

眼内レンズは、白内障の手術後は入れ替えることがほとんどありません。手術前の検査時にご説明いたしますので、ご不明な点があればご相談ください。

【執筆者】
眼科 視能訓練士 木村 卓