グローバルメニュー

各コンテンツへのメニュー

  1. トップページ
  2. 病院の紹介
  3. はつらつ健康情報誌"PEACE"

外来看護課長に就任して

はじめまして。8月より外来課長を務めております古川 美輪子(ふるかわ みわこ)と申します。これまで、内科・整形外科・眼科・泌尿器科病棟の他、介護施設、訪問看護での勤務を経験してきました。患者様を励ましたり、逆に助けられたりと、患者様との関わりで大きく成長することができたと思います。

これまでの勤務を通して思いますのは、これからの高齢社会の中で、外来看護師として果たすべき大きな役割は、家庭と地域そして医療がしっかり結び合い、患者様の情報・ケアを途切れることなくつなげていく、ということです。
そこで、八戸平和病院 外来看護部では今年度の目標を「つながる看護」としました。外来から病棟、病棟から外来または在宅サービスへ、患者様のニーズを情報交換・共有することで、より良いケアを継続して提供することを常に心掛けています。
また、八戸平和病院の理念である「5つの心」(相手を思いやる心・向上心・奉仕の心・謙虚な心・尊敬する心)を実践できるようにチームで取り組んでおります。
この「つながる看護」という目標を達成できるように、外来スタッフと共に精進していきたいと思います。

今年度は新しい取り組みとして、「糖尿病教室」を月2回、テーマを決めて開催しております。医師、看護師の他、管理栄養士や薬剤師、リハビリスタッフが糖尿病チームとして活動し、交替で講師を担当しております。個別の相談にも応じておりますので、お気軽に声をおかけ下さい。

課長として1年目でまだまだ未熟ですが、専門的な知識に基づいた看護を実践し、患者様に安全・安心な医療を提供できるよう努めてまいります。
これからもよろしくお願いいたします。

【執筆者】
看護部 外来看護課長 古川 美輪子