グローバルメニュー

各コンテンツへのメニュー

  1. トップページ
  2. 病院の紹介
  3. はつらつ健康情報誌"PEACE"

がんピア・サポーター

昨年度、県主催の青森県がんピア・サポート研修会を受講し、「がんピア・サポーター」として登録しました。
「ピア」とは「仲間」という意味です。「ピア・サポート」とは、がんを体験した人やそのご家族が仲間として、体験を共有し、ともに考えることで、がん患者やそのご家族を支援する制度です。がん患者やそのご家族、ご遺族、ピア・サポートに興味のある方で、体調が良好で精神的に余裕がある方ならサポーターになることができます。

医師からは、がんと診断した根拠や治療法の選択肢などの説明を受けることになりますが、診断された人やそのご家族は、その場では理解できないことも多いようです。病気の進行の抑制や、治療が成功するのかといった不安もあります。また、日々の生活のこと、仕事や家族のこと、様々なことが心配になります。そうした不安が一度に押し寄せてくるのです。
「がんピア・サポーター」はその気持ちを共有することができます。「私も同じでした」というサポーターの一言は経験者だから言えることであり、がんと診断された方はその一言で「自分一人ではないのだ」ということを知り、孤独感がやわらぐかもしれません。

具体的な疑問があれば、医療従事者や福祉関係者などに尋ねることもできますが、漠然とした不安な気持ちを聞いてくれる相手はなかなか見つかりません。「がんピア・サポーター」はこれから治療に取り組もうとしていることを理解し、治療を受ける勇気と、それを乗り越える知恵を伝えることができるかもしれません。
診断や治療に関する専門的なことはアドバイスできませんが、同じ経験者として不安を受け止め、共有するということで、少しでも穏やかな気持ちになれるようサポートし、安心感に繋げることができるよう、「がんピア・サポーター」として取り組んでいきたいと思います。

【執筆者】診療情報管理室 吉田 佳彦