グローバルメニュー

健康診断・人間ドック

  1. トップページ
  2. 健康診断・人間ドック
  3. 人間ドック
  4. 骨ドック

骨ドック

骨は年をとると次第にカルシウムを失って脆くなっていきます。骨に隙間ができてきわめて骨折しやすくなった状態が骨粗鬆症です。定期的に骨密度測定を行い日々の骨量減少の防止にお役立て下さい。

予約の方法 来院またはお電話にてお申し込みください。
お名前、生年月日、ご住所、電話番号、受診希望日をお知らせ下さい。
受診希望日より検診日を決定いたします。
検査当日 来院時間は午前の指定された時間になります。
※当院初診の場合は、来院時に受検者の本人確認をさせて頂いておりますので、運転免許証などの身分証明書をお持ち下さい。
※ドック当日は問診票と予約票を忘れずにお持ち下さい。
料金 6,480円(税込)
お申し込み・お問い合わせ:
八戸平和病院 地域医療連携室
TEL:0178-31-2222(平日15:00~16:00)

骨ドック検査項目 >>

基本検査 身長・体重・血圧・問診
骨粗鬆症検査 骨塩定量検査
栄養指導 管理栄養士による食事指導

骨粗鬆症の症状 >>

骨粗鬆症はサイレント・ディジーズ(静かな病気)といわれるように、深く静かに進行していきますので自覚できるほどの症状が表れるのは更年期を過ぎてからです。
○腰や背中が痛む、しびれを感じる
○猫背になる、背中が丸くなる
○ちょっとしたことで骨折しやすくなる
血液中のカルシウムが減少すると骨からカルシウムが溶けだし、骨量が減ると骨が軽石のように密度が粗くなり、もろくなってすぐ骨折しやすくなります。

※最も多いのが閉経後5~10年で表れる閉経後骨粗鬆症と高齢者の老人性骨粗鬆症です。