グローバルメニュー

各コンテンツへのメニュー

  1. トップページ
  2. 病院の紹介
  3. 設備紹介

設備紹介

内部にはリハビリテーション施設、人工透析装置、MRI、CT、乳房撮影装置、体外衝撃波腎・破砕装置などがあります。

ヘリカルCT

ヘリカルCT

全身のさまざまな部位の断片層が短時間で撮影でき、最近の画像診断には欠かせない機能が搭載されております。

ESWL

ESWL

体に傷をつけることなく体外から結石をめがけて衝撃波をあて、砂粒の大きさまで砕く機器です。

内視鏡

内視鏡

胃、腸、十二指腸及び大腸を直接見ることで確かな診断ができます。また、治療に関しても必要最小限の傷で行うことができます。

X線透視装置

X線透視装置

通常の透視撮影(バリウム検査など)はもちろん、デジタル処理により血管の連続撮影なども、低被爆で行えます。

MRI

MRI

縦・横・斜めいろいろな断面像が撮影でき、放射線を使用しないためX線被爆の心配がありません。