グローバルメニュー

内科

  1. トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 内科

外来担当表

 
午前 診察
8:30~12:00
休 診 三上 信久 休 診 三上 信久 休 診
午後 診察
14:30~17:30
(予約外対応)
佐藤 正昭 
(緊急時対応)
濱田 和一郎
休 診 三上 信久 (緊急時対応)
濱田 和一郎

※木曜日(午後)は再来患者のみの診療です。

内科について(診療内容)

日本人の三大死因は、脳卒中・心疾患・癌であり、癌の中でも肺癌は第1位を占めています。これは喫煙や生活習慣の変化の影響もあるかもしれませんが、残念なことに現在の医療技術では必ずしも全員が治る病気ではないことが1位の理由と考えられます。

当院では喀痰細胞診、胸部レントゲン写真以外に腫瘍マーカー測定、CT、MRIなどを用いて早期発見に努めています。その他、脳卒中後の嚥下性肺炎、環境、職業の影響など、原因が特定されていない気管支喘息、肺気腫、肺線維症など呼吸器の病気の患者さまには吸入療法、肺炎やインフルエンザのワクチンの接種、酸素療法などの予防や管理を行っております。

当科では全病室に酸素の配管があり、急性増悪時の呼吸不全には即対応できるようにしております。

しかし当科だけでは先に述べた三大疾患の治療や、これら以外の生活習慣病(胃潰瘍、アルコール性肝障害、胆石、高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症など)の管理は困難です。これに対しては他科のコンサルタントはもちろんのこと、その他にも八戸市内の開業医の先生方をはじめ民間病院、国公立の病院と連携をとって適切な治療が行われるように努力しています。三大疾患は当然高齢者に多い疾患となります。今後も高齢化社会における医療のあり方、介護問題を課題に日々地域医療に精進して行きたいと思います。

近年、伝統医学(漢方薬等)が世界的に見直されてきていますが、当科では以前より、呼吸器疾患、皮膚疾患等に漢方的処方を行って実績を上げており、自律神経疾患や不定愁訴等にも積極的に漢方を運用しております。

医師プロフィール

氏名

三上 信久 (みかみ のぶひさ)
三上 信久 (みかみ のぶひさ)

経歴 昭和60年 弘前大学医学部 卒業
昭和60年 札幌徳洲会病院
昭和63年 みちのく記念病院
平成 6年 八戸平和病院
専門分野 漢方、救急一般
主な所属学会 日本東洋医学会(専門医、指導医)
日本救急医学会
日本超音波医学会
日本内科学会